東洋包材株式会社は食品、医療品のパッケージから建材用、自動車用ウィンドウフィルム、タッチパネル用光学フィルムなどのハードコート、粘着加工まで高機能フィルムを幅広くご提供いたします。

ホーム軟包材事業部>品質検査体制

軟包材事業部

品質検査体制

万全な検査体制でお客様に安全・安心をお届けいたします。

製造工程 〜管理検査機器〜

豊富な検査機器できめ細やかな品質チェックを行います。

  • 欠点検出機

    各印刷・ラミネート機にインラインの欠点検出機を設置し、全数検査を行っております。

  • バーコードチェッカー

    印刷したバーコードが正常に読み取れることを確認します。

  • 2次元コードリーダー

    QRコード等の2次元コードの読み取り確認を行います。

  • 色差計

    色の違いを数値で表すことの出来る機械です。

  • ガスクロマトグラフ

    印刷やラミネートでは有機溶剤を使用するため、ガスクロマトグラフでフィルムの残留溶剤を測定・確認した後、製品を出荷いたします。

  • ヒートシールテスター

    フィルムをヒートシールする機器です。ラミネート後のフィルムは、このヒートシールテスターでシール性を確認し、オートグラフで強度の測定を行います。

  • オートグラフ

    ラミネート後のフィルムサンプルでのシール強度確認、製袋品のシール強度確認を行います。

  • 厚さ測定計

    フィルムの厚さを測定し、仕様通りにフィルムがラミネートされていることを確認します。

通常の出荷検査の他、必要に応じて様々な検査を行うことが出来ます。

  • オートグラフ

    シール強度の他ラミネート強度の測定、また治具の変更により突き刺し強度の測定も可能です。

  • ヒートシールテスター

    シールの温度・圧力・時間を変更することが出来ますので、フィルムのヒートシール適性の調査を行うことも出来ます。ホットタック性測定用の治具も装備しております。

  • マイクロスコープ

    50〜800倍まで拡大可能な高倍率レンズにより、異常発生時に原因究明を行います。

  • 摩擦測定機

    充填適性等に影響を与えるフィルムの滑り性を測定します。

  • フーリエ変換赤外分光光度計

    赤外吸収スペクトルを測定することによりフィルムの同定、構成分析を行います。

  • 恒温槽付ゲルボフレックステスター

    フィルムの屈曲耐性を評価する機器です。輸送中の振動により局所的に繰り返し屈曲することでのピンホールを想定した評価を行います。試験雰囲気温度の調整により、冷蔵や冷凍での輸送を想定した試験を行うことも可能です。

  • 紫外可視分光光度計

    紫外・可視光領域での吸収スペクトルを測定する機器です。紫外線カット加工の製品の品質管理を行います。

  • ボイル槽

    サンプルのボイル試験を行います。ボイル後のサンプルの物性をオートグラフ等で測定することにより、耐内容物性や耐熱性の評価を行います。

  • 耐圧試験機

    充填袋の耐圧試験を行います。

  • 恒温槽

    高温での保存促進試験により、耐内容物性の評価を行います。

  • 静電気測定器

    フィルムの帯電状態等の表面電位測定をすることが出来ます。

△TOP
HOME会社概要コーティング事業部軟包材事業部環境への取り組みお問い合わせ